工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

高卒でマトモな正社員になるのは、大学に入るより大変!

Excite エキサイト : 社会ニュース
<高校求人状況>有効倍率0.71倍 4年ぶり1倍割り込む
 厚生労働省は11日、来春卒業予定の高校・中学の求人・求職状況を公表した。高校生の有効求人倍率は4年ぶりに1倍を割り込む0.71倍(前年同期比0.60ポイント減)で、求人の減少幅48.8%は過去最悪。厚労省は、例年の傾向から、年度末に向けて多少の改善を期待しているが、失業率が過去最悪を更新する中、東北、九州地方を中心に若年者の就職も厳しさにさらされている



d0014182_1563990.jpg



さて!!
高卒で就職する人、つまり、工業高校等の職業高校の人たちだ。
なんだか、ああ上野駅時代の高度経済成長期の過去の栄光を利用して、就職に有利とか言っているけど、学校の先生は生徒をいかに捌くかが仕事の成果になるから、生徒の未来と幸せを考えて指導しているなんて信じられない。
中長期的に考えれば、工業高校卒業で就職というのは、製造業や人に見えない仕事の評価が低い今は、人生の自殺行為と言っても過言ではないだろうか?

そして、待っているのは賃金が安く家族を養っていけないから結婚できない、普通科高校のように男女比に偏りがない学校卒業の人なら、恋愛して、愛の力で貧乏でも結婚できるかもだけど、学歴、収入などのステータスは低い、おまけに男ばかりで恋愛経験に乏しい工業高校卒が待っている運命は一生独身という状況だ。

しかも、企業は子育て支援をしなきゃいけない、大学卒などで普通に結婚できた人たちは、やがて子供を授かり子育てをする。
当然、深夜勤務、早朝勤務、土日勤務はしずらいし、人材のニーズの変化に伴う、転居のある転勤もできにくい。

そんな時、工業高校卒で安い給料で、おまけに独身ときたら、会社の都合で好きなように遠隔地にポンポン転勤させることが出来るし、深夜勤務等もおまけ程度の深夜手当てを支給すれば、深夜手当てを足しても大卒よりも給料が安いのに、喜んで目を輝かせて仕事をしてくれる都合の良い人材ができるのだ。
そして、いらなくなったら、ポイです(笑)

勉強嫌いだから、職業高校の進学を考えている諸君。
勉強する努力ができないのなら、普通に大学に入るより険しい運命が待っている工業高校では耐えられませんよ。
[PR]
by joao_tcm | 2009-09-12 01:38 | ニュース・話題から