工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自信ない、経験無い

例えば、こんなグチグチした、ブログを見た人の多くが、理屈じゃない、経験をどんどんしろっていうだろう。
確かに、その通り。
でも・・・
経験できる機会が無いんです。

よく、言われる事がある。
・女性の気持ちがわかっていない。
・気が利かない
・何を話したいんだか、さっぱりわからない。

俺だって、そんなくらいは、十分わかっている。
早急に治したい。
正直言って、これは、将来、工業高校卒の俺が、結婚できるか、否かの問題に、かかっている、命に関わるくらい大事で、深刻な問題なのだ。

女性の気持ちがわからないのは、経験不足だ。
工業高校卒という男ばかりの極めて特殊な環境にいて、女性の話題を言えば、今、女性の間で、何が流行っているとか、恋愛についての話なんて、出てこないで、決まって、「あのコは、胸が、でーんって、でかくて、いいよな」とか、常に性的な対象物でしか見ていない。
つまり、男の快楽を得るために、機会のような存在で見ているような話題しか出てこない。
そこに女性を思いやったり、気を使ったりした経験話なんて、出てこない。

だから、僕は、女性と付き合っても、何を考えているのか、手がかりすら、感じる事ができず。
いつも、カンチガイされて、「こんな奴とは、二度と会わない」みたいな状態になって、嫌われてしまう。

・何を話しているのか、わからないっていうのも、工業高校やそれに関連して続く、進学先、就職先での環境が影響している。
職人同士の会話は、実に、言葉が無い。
「先輩の背中を見て、ついてこい」みたいな世界なので、そこに、教えるための技術というのは、身につかないのだ。
そして、女性がいないので、特に話好きじゃ無い限り、話の話題すら少なくなっていく。
家で、閉じこもって、恋愛シュミレーションゲームで、会話している感じになる。

まあ、今の状態(男ばかり、職人、女少ない)では、俺の足らないところ満たしてくれる訓練にすらならなく、かえって、状態を悪化させてしまいそうな勢いだ。

ポジティブなアクションで、積極的にデートしたくても、食事に行きたくても、俺が知り合えるような女は、男ばかりの世界にいるので、男の執拗な、気遣い、誘いが、公害、アレルギーと化している・
普通の女性は喜ぶことでも、ここでは、男の欲求が集中し、爆発寸前で、さまざまな、弊害がでてきている。

あー、疲れた。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-20 05:17 | 今日の出来事