工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

備えすぎ!?

台風が近づいていますね。
でも、ほとんどの場合は、予想に反して、上陸手前で、進路を変え、掠る程度です。
こういっちゃ、なんで、酷い人だと思う方もいるかもしれないけど、台風が来るという事で、色々備えるわけです。
特に、僕は技術系の仕事なので、災害対策で、特別体制を組むこともあります。
でも、散々、騒いだのに、結局、大した事なかった。
そんな事が多く、「こんなに準備してたのに」と思う事もあります。
台風の個数も多く、強いうちに、襲い掛かる、沖縄などの島々と比べて騒ぎすぎだと感じるわけです。

これ、工業高校卒で、男ばかりの職場にいる僕達、モテナイ男性陣にも、同じような事が言えます。
普段のプライベートは、風俗のようなビジネス女を除いては、男ばっかしで、なかなか、女性と接する機会がありません。
でも、年数回の楽しみ(僕は楽しみじゃないけどね)があります。
・忘年会
・新年会
・人事シーズンの送別会
このような時は、職場にいる数少ない女性(バイトや派遣社員など)も、つき合いで、仕方が無く参加します。
だから、普段、女性と世間話すらできない僕達は、とっても、貴重な楽しみなわけです。
送別会なんて、送別される人、そっちのけで、参加する数少ない職場の女性の席順や、好みのメニューやお店を調べて、会に備えます。
でも、いざ、当日、いきなり不参加。
彼氏も自分のかわいい彼女が、いくら恋愛対象になるような男性は、イナイとは言え、1対多数の男性に囲まれるのは、心配なのでしょう。
許可が出なかったようで、「アタシ、急に用事が出来たので、参加できません」「○○さん(送別される人)ご活躍を期待します」(何て、機械的な言葉)なんて、言って、そそくさ、帰ってしまいました。

たまに、女性と話せる貴重な場を期待して、女性と縁の無い、モテナイ男には、とうてい縁の無いおしゃれなお店を送別会会場として、予約したのに、肝心の女は参加せずに、男ダケで、無言で、送別会。とってもおバカです。

僕達が、女性になめられるのは、女に不足していて、行動が、すべて、女性優先になっているから。
女性が来るというだけで、何もかも、騒ぎすぎ、合わせ過ぎ。

ああ、飢えているんだな。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-25 01:57 | 今日の出来事