工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

砂漠も潤う学歴の力

 先日、親会社の人と打ち合わせをしてその後の飲み会で聞いた話。
 親会社の知り合いが結婚したそうだ。
 別に結婚したこと事体は年頃なので当たり前の事だし特に話題として取り上げないのだが・・・・

 その知人は若ハゲで波平さんのような髪型になってしまっている。
しかし、会社の同僚から女性を紹介してもらい交際も順調に進み無事にゴールイン。
流行のタブレット端末で写真共有サイトにアクセスをして写真をみたが嫁さんはとても美女。
「売れ残り」ではない事は確かである。

 一般的に結婚相談所で最悪なステータスは「チビ、デブ、ハゲ」である。
それから、所謂旧の「三低」(低学歴、低身長、低収入)である、

 彼の会社も技術系で男ばかり、そんな中女性を紹介してもらい、ゴールインできた要因を考えてみた。

 やはり学歴と学歴柄親会社に就職ができて幹部候補という立場だろう。

 彼は大学院卒である。
そして幹部候補のため海外研修や会社でも中枢となる部署に居る。
技術系でも大学院卒で幹部候補の波平さんスタイルの彼と、工業高校卒で大学出ていなくてリストラ子会社勤務で髪の毛がまだある俺。結果は前者の方が勝利である。

 よく工業高校卒を援護する人たちのネット掲示板などの書き込みを見ると、ブサ面の大卒とイケメンの工業高校卒なら、イケメンの工業高校卒の方がモテルと書いてあるがこれはUSO800である事が判明した。

 どんなに容姿が悪くても学歴さえあればある程度は救われる。
一方で標準的な容姿であっても工業高校卒で男ばかりでコミュ障でさらに回りは男ばかりだからお見合いや結婚相談所、友人知人の紹介しか手がないけど、スペックが悪すぎて紹介してもらえないという悲しい現実。
[PR]
by joao_tcm | 2013-06-21 01:45 | 今日の出来事