工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

エリート社員との打ち合わせ

 今月は、俺の勤務するリストラ子会社と親会社との打ち合わせが何回かあった。

 主に新商品の紹介や技術的な情報の共有。

 本社で商品の企画をした文系エリート社員と開発をしたエリート理系社員が俺が聞いてもさっぱり理解できない難しい言葉を並べて色々説明をしてくれた。
 新しい商品を自由に触れる時間が設けられ、我々、子会社の社員は顧客にしっかりと説明ができるように色々覚えなくてはならない。

 そこで色々エリート社員とやり取りがあった中で、ある事に気づいた・・・

 それは「左利き」がやたらと多いことである。

 それは何を意味しているのだろうか・・・


 そこで俺は思った。
 工業高校で教える事は同じモノを言われた通りに大量生産すること。
 つまり「規格品」みたいな人間だ。

 一方で、大学や大学院という場所は色々な可能性があるモノや事象を作りだすアーティストみたいな仕事だという事だ。

 そういえば、工業高校時代、こんな事を言っているクラスメートが居た。

 男ばかりと言う極めて特殊な環境で、美少女アニメやゲームに興味を持ち、これらの制作に携わる仕事をしたいという人。

 しかし、漫画・アニメの原作者・企画などの主要スタッフの経歴を見てみよう。
 今、70歳、80歳になっている大御所を除いては、皆、結構良い大学を出ているのである。
しかも、それはアニメや漫画に関係が強くないような広く浅く見たいな学部・・・

 つまり、同じモノを作る事に徹している教育を受けた工業高校卒には、その道に進むことは極めて難しいのだ。

 話は戻って「左利き」がやたらと多い話・・・
 それは、たぶん、その人が子供だったときから、その人の教育に携わった人が「左利き」を「規格外れ」とせずに「個性」として引き伸ばしてきて高度な教育を行った結果なんだろうなあと思った。

 では「工業高校レベル」だったらどうだろう?
 きっと、世の中の「規格品」は右利き用なので「不便だから右利きにしなさい」と矯正され「左利き」という個性は封印されるだろう・・・

 まあ、もっともな話だ。
 ベルトコンベヤーで作業するとき、養鶏場のように狭いスペースに作業員が並べられたとき、一人だけ「左利き」だったら、作業効率が下がってしまうから敬遠されるだろうし。
 だから「左利きは規格外の間違い」となり「右利きに矯正」されるのだ。


 本人が先天的に持って生まれた「個性」を生かすにはやっぱり「規格品」を大量生産する「工業高校」は不適な場所で、大学や大学院まで進学する事が最低限な条件となる。

 個性がハンデになるのか、誰もが持たない特殊な武器になるのかは、規格品を大量生産する工業高校か、個性を生かす大学などの高度教育機関に進むのかで大きな差が出てしまうと思う。

 ブナンに平均的に生まれた人は「工業高校」でもいいんだろうけど、性格的、身体的な個性持ちで、男ばかりという特性が行かせる「ホモ」以外では、工業高校はおススメできないと言えるだろう。
[PR]
by joao_tcm | 2013-12-22 14:05 | 今日の出来事