工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お仕事頑張ってw

 謹賀新年。
工業高校卒でイケてない無い人生を送っている人たちにとっては、何かと親戚等に会う事の多いこの季節はとても辛いと思う。
しかし、一方で見栄ををはって忙しいフリをして、来られないそぶりをするのは、もっと恥ずかしい事だ。

 正月と言えば年賀状。
 うちの会社の関係者からも年賀状が来る。
 たいていは、家族連れの写真などが載っている。

そこに書いてある一言に近年ちょっとした変化を感じる。

 それは、プライベートの近況では無く、仕事での近況を書いてくる事だ。
例えば「最近、会社はどうですか?」とか「今年も仕事頑張ってください」とかだ。

 俺が新規事業を起したり、管理職へ昇格するなどをして仕事を充実させなくければならないのなら、仕事の話題も出て当然だが、リストラ子会社に勤める以上、仕事でそういうハッピーでモチベーションの上がる出来事は望めない。

 では、なぜ、仕事の話題を書くのか・・・

 その答えはとても簡単。

 プライベートはもっと悲惨な状況が予想され、とても聞けないのである。

 工業高校卒で周囲は男ばかり、ホモでも無い限り、出会いは望めない。
 また、三十代も後半になれば、今から結婚をして子供をさづかるという事も、年齢的に厳しい。

 だから、プライベートの話は、もう努力で可能性がある領域を超えてしまいもう望めないから、仕方が無く仕事の話題にするのだ。
 理屈を言えば、仕事には適齢期はあっても年齢制限は無いからアンパンマンの作者のように「遅咲き」もありえる。
 しかし、結婚→出産というプロセスは生物としての寿命があり、歳をとれば極めて困難となる。


 まあ、ベストでは無くベターな話題が仕事といえよう。

 しかし、男性の場合、リストラ子会社勤務→仕事できない・学歴低い→給料安い→結婚できないという感じで連動しているので、独身で結婚できない工業高校卒に仕事の話題をしても、ダメダメなのは既知の事である。


 工業高校卒という男ばかりで極めて特殊な環境、男ばかりの環境に適応し、ホモの道を歩み、男同士で傷を舐めあうベターな選択肢をする人もいれば、俺のように極度のダメ男アレルギーになる人もいる。

 
[PR]
by joao_tcm | 2014-01-01 16:26 | 今日の出来事