工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

セルフ車掌

セルフ車掌と言うのを皆知っているだろうか?
詳しくわからないが、2ちゃんねるが語源??
http://www5.atwiki.jp/tetsu-ita/pages/30.html#id_a4d94e43

本日、山手線で目撃。
電車に乗った途端に、運転席の方向へ、猛ダッシュ!
視点と首が不規則に、左右に揺らし、「ヨシ!」とか「進行!」とか言っていた。

しかし、とっても迷惑な存在だ。
鉄道好きである俺からするとね。
あーいうのが、一人でもいる限り、鉄道オタク=セルフ車掌 というイメージが、一般人についてしまうのだ。

セルフ車掌とは、列車の中や駅構内で、放送されているアナウンスを実際に真似したり、自己満足で、列車の中で、勝手に一人で言っている人の事だ。

しかし、この人たちは、とっても大きな問題がある。
セルフ車掌の99%は、知的障害者なのだ。

鉄道趣味を長年続けている会社経営の人が言っていた。
「知的障害を持つ親からするば、その子ができるだけ、外部に接し、興味を持たせることが、知能の発達になるから、一番身近である、鉄道に興味を持つように仕向けるんだよな」と。

し か し ・・・・・

それは、大きな過ちだ。
その知的障害の子が、セルフ車掌をやっているという事は、それだけ鉄道に興味を持ってしまった事だ。

将来の仕事として、鉄道をしたいなんていうかもしれない・・・
親はどうやって、説明するんだろうか・・・・

鉄道会社の採用基準は、心身ともに健康である事。
お客の命を預かるわけだから、当然だ。

そうなると、知的障害者なんて、論外中の論外だ。

興味を持たせるように仕向けて、夢を現実にさせようと発想したときに、知的障害という現実。
夢は、無条件に壊れていく。
こんな酷い仕打ちは無いと思う。

そこには、全く、根本的にわかっていないアホな教育者の理想教育とか言って、目が輝いている姿が目に浮かぶ。


愚痴でした。
[PR]
by joao_tcm | 2006-08-06 03:58 | 今日の出来事