工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

セクハラ防止講習会

今日、こんな講習会があった。
「セクハラ防止に向けた講習会」
職場でのセクハラを無くそうという意図だ。
しかし、この中で、気になったのは、「環境型セクハラ」
悪い例として、こんな事を言われた。
1.アイドル等のポスターや写真を職場や自分の机に置く。
2.パソコンの壁紙やスクリーンセーバーなどに女性写真をコンテンツにしたものを用いない。
3.スポーツ新聞や雑誌などを会社内では読まない(休憩スペースなどでも)
1と2は我慢しよう。
セクハラと言う意味もあるが、基本的に会社で仕事で使うツールに、個人的な物を入れたりするのは、駄目な事だからね。
しかし、3は疑問だ。
休憩中に何を世間一般で、駅の売店などで売られている、新聞や雑誌を読むなと言うのは、ちょっとおかしいと思う。
要するに、雑誌やスポーツ新聞に載っている、アイドルのグラビア写真等が、女性を性の対象として扱っているものだから、職場で(休憩スペースも含む)読むことは、環境型セクハラに繋がるというのだ。
しかし、こんな対策で、セクハラって防止できるの?
根本的にわかっていない管理者たちのセクハラ対策である。
根本的な原因?それは、職場が男ばかりだからである。
そもそも、セクハラの問題は、「男女雇用機会均等法」で出てくる内容ですよね?
そもそも、女性社員が少ない、男ばかりという事事態、セクハラ問題以前に、「男女雇用機会均等法」に反しているのです。
そんな、男女比の偏りを是正できない会社が、セクハラ云々なんて言う資格はありません。
ホトンド男ばかりの職場、そのものが、女性からすれば、立派な環境型セクハラなのです。
つまり、3の新聞の話もそうです。
例えば、オフィスに男性39人、女性1人の職場があったとします。
もし、休み時間に、39人の男性が、アイドルのグラビア写真が乗っている雑誌や新聞を同時に広げていたら、女性は絶対に不愉快です。
でも、一方で、女性もスポーツ新聞を買って読む人もいるし、アイドルが乗っている雑誌・コミおック雑誌を買って読んでいる人もいるし、普通に芸能人の話題として話をしたりもします。

また、視線も気をつけないとセクハラなんて言われますが、これは、本当に男女比の問題です。
うちの職場では、女性が少ないから、女性の声が本当に浮くのです。
だから、女性が声を発すれば、視線は、女性の方向へ行く男性社員が多いのです。
だから、女性は、多くの男性の視線を浴び、大変不愉快な思いをするのです。

そして、最大の悪さが、「女性を特別扱いすること」
こういう地味な技能系の職場では、女性に飢えた環境で生きてきた人が多いのです。
貴重品を大事に扱うのと同じで、女性は貴重な存在だから、良い意味でも、悪い意味でも、特別扱いをしてしまうのです。
特にそういう男性の行動として、見受けられるのは・・・
1.女性と話す時だけ、上司と話す時よりも敬語になるか、または、逆に、やさしい語?になる。
普段女性と接していないくせに、格好を付けようとしているから、顔が引きつっていて、気持ち悪いです。
2.職場のアフターの飲み会などで、女性だけ特別扱いをする。
具体的には、
・会費を極端に安くする(合コンじゃないんだよ!!)
・デシャバリ男が登場して、女性だけに、勝手に甘いデザート類を注文する。
まあ、他にも色々あります。

でも、親切と思ってやっているこの行動、女性だけ特別扱いが見え見えで、逆に女性に不快感を与えます。

ああ、言っておきますが、この行動、プライベートでは良いと思うんですよ。
合コンに参加した女性、女友達、彼女だったら良いと思います。

職場の延長線上の会だから、男女平等じゃなきゃいけないって事です。

こう考えると、工業高校卒で、友達世界も男ばっかし・・・プライベートでも、女性と縁が少ない男性が多いんじゃないかと思います。
そして、女性の知り合いがいないから、プライベートで、遊びに行ったり、飲み食いに行ったりする事もできないですね。
そうなると、職場の延長線上の飲み会に、その欲求が出てしまうんだと思います。
職場のコミュニケーション向上の為に行う飲み会が、異性としての女性と接する貴重な場になっているのだと思います。
こう考えると、男ばかりの世界で、生きてきたことは、本当に良くない事ばかりだと思います。

今日のセクハラ防止講習会を聞いていて、俺達、女に飢えてきた人生を送ってきた奴って、信用も信頼もされていないんだな。って痛感しました。

意識せずに、異性に対し、性的な要素で、不愉快な思いをさせないような人間になるためにも、男女の性差を意識する大事な思春期に、男ばかりにするとか、ほとんど女性のいない環境で過ごすというのは、そういう部分の成長を妨げ、本当に良くないと思います。
[PR]
by joao_tcm | 2005-05-25 02:12 | 今日の出来事