工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:今日の出来事( 89 )

砂漠も潤う学歴の力

 先日、親会社の人と打ち合わせをしてその後の飲み会で聞いた話。
 親会社の知り合いが結婚したそうだ。
 別に結婚したこと事体は年頃なので当たり前の事だし特に話題として取り上げないのだが・・・・

 その知人は若ハゲで波平さんのような髪型になってしまっている。
しかし、会社の同僚から女性を紹介してもらい交際も順調に進み無事にゴールイン。
流行のタブレット端末で写真共有サイトにアクセスをして写真をみたが嫁さんはとても美女。
「売れ残り」ではない事は確かである。

 一般的に結婚相談所で最悪なステータスは「チビ、デブ、ハゲ」である。
それから、所謂旧の「三低」(低学歴、低身長、低収入)である、

 彼の会社も技術系で男ばかり、そんな中女性を紹介してもらい、ゴールインできた要因を考えてみた。

 やはり学歴と学歴柄親会社に就職ができて幹部候補という立場だろう。

 彼は大学院卒である。
そして幹部候補のため海外研修や会社でも中枢となる部署に居る。
技術系でも大学院卒で幹部候補の波平さんスタイルの彼と、工業高校卒で大学出ていなくてリストラ子会社勤務で髪の毛がまだある俺。結果は前者の方が勝利である。

 よく工業高校卒を援護する人たちのネット掲示板などの書き込みを見ると、ブサ面の大卒とイケメンの工業高校卒なら、イケメンの工業高校卒の方がモテルと書いてあるがこれはUSO800である事が判明した。

 どんなに容姿が悪くても学歴さえあればある程度は救われる。
一方で標準的な容姿であっても工業高校卒で男ばかりでコミュ障でさらに回りは男ばかりだからお見合いや結婚相談所、友人知人の紹介しか手がないけど、スペックが悪すぎて紹介してもらえないという悲しい現実。
[PR]
by joao_tcm | 2013-06-21 01:45 | 今日の出来事
個人情報保護という観点から、見知らぬ人とはなかなか連絡先を交換する事は難しい。

特に最近流行のSNSも同様だ。

同級生や職場つながりのやりとりは色々なツールが充実され、いっそう繋がりなさいという勢いだが、見知らぬ人との繋がりはガッチリとガードされている。

まあ、ストーカー事件などの増加などの背景を考えれば仕方が無いのはわかるが・・・

となると、出会いが無いと「友達から紹介してもらいなさい」という大ばか者な発言をする人が居る。
もちろん、俺がホモならいくらでも工業高校卒という男ばかりの極めて特殊な環境卒であるから、いくらでもパイプがあるから、繋がれるが、芋づるのつるを手繰っても永遠に知り合えるのは男しかいない。

だからこそ、見知らぬ人のつながりが必要なのだ。
しかし、世の中は安全安心のセキュリティーガチガチである。

工業高校と言う男ばかりの世界に入ってしまったのは、もう女と繋がることは不可能な世界に飛び込んでしまった自殺行為みたいな事である。
[PR]
by joao_tcm | 2013-04-07 06:10 | 今日の出来事
今日はバレンタインデーだった。

工業高校卒の多い男ばっかしの職場、
今年も本命ももちろんのこと、義理チョコも期待できない情勢。

そんななか、今年も共用のスペースに飴玉程度の大きさのチョコのお菓子が「皆で食べてね。数少ない女子一同」みたいな感じで置いてあった。

恵まれない人への最低限の気遣いみたいな感じで・・・

例えば、ホームレスへの炊き出しのように、
決して、足りている量ではないけど、最低限生きられるように行われる奉仕みたいに・・・

一般の人が義理チョコでもちゃんとお店の包装がされたちゃんとしたものを持ち帰れているのに、工業高校卒のうちらはその場凌ぎの飴玉くらいのチョコ1つ・・・

工業高校から続く男ばかりの生活。
もう簡便だ。

工業高校を選んでしまった自分を責めたくなる。
[PR]
by joao_tcm | 2012-02-14 23:59 | 今日の出来事
会社の同僚(文系大学卒)からfacebookの使用を勧められた。
彼曰く「同級生がたくさん見つかって楽しいよ」とスマートフォンをスリスリさせながら・・・

早速登録して見た。
出身校を登録する項目があった。
「えっ?高校からしか登録できないの?」
終わった・・・

工業高校と登録しても嬉しくないや。

試しに我が母校を検索して見た。
「検索結果が見つかりませんでした。

スペルを確認するか、他のキーワードを入力してみてください。」
と表示された。

最近流行のSNSの難しさ。
それは見知らぬ人が出会う事により事件事故に巻き込まれる危険があるからだ。
だから運営会社はSNSの中で新規に知り合うというスタイルを潰そうと必死だ。

つまり、同級生・同窓生の検索機能の強化、会社などの同僚つながりの情報共有ツールの強化等をしている。
一方で、mixiのように見知らぬ人の足跡は表示されないように機能が変わったりもしている。

しかし、
工業高校卒の同窓生に会ったとしてそれが安心安全な再会なのか?

答えは関わりたくない再会である。

だいたい話の話題は決まっている。

結婚できない、女を紹介しろはまだ序の口。
怪しい儲け話への勧誘、宗教?の勧誘、金貸してくれなどの話ししか来ない。
これが同窓生との再会なのだ。

どこかの良い大学卒の人が大学時代の青春時代の思い出を蘇らせてくれる同窓生の再会がある一方で工業高校卒は自分の黒歴史をほじくられるようで、インチキで固めたメッキをはがされるようでとれも嫌な気分になる。

ちなみにSNSには高校卒業生が作ったコミュニティーが結構できているが、工業高校のコミュニティーは参加者が平均的に少ないね。

華やかな青春を蘇らせるSNSか?過去の黒歴史を掘り起こすためのSNSか?
卒業した学校で大きく状況が変わってしまう。
[PR]
by joao_tcm | 2011-12-07 01:29 | 今日の出来事

工業高校卒に迫った終焉

工業高校を取り巻く環境は日に日に悪くなってきました。

ここでは、出会いの無いこと、モテナイイケてない工業高校卒の日常を書いてきました。

工業高校卒のような男ばかりで、極めて特殊な環境にいる場合、日常では女性との出会いは、全くありません。

そこで、頼りになるのが、インターネット上の出会いです。
しかし、出会いサイト規正法や、携帯電話のコンテンツの健全化を行う組織ができ、出会い系サイトは、普通の人が容易にアクセスしたり、登録する事は難しくなりました。

出会いの無い、イケてない工業高校卒の最後の救いであった出会い系サイトが、もう使えないんですよ。
少なくとも、一般の人のアクセスは皆無でしょう。

工業高校へ行って、モテなくなる、女性と縁が無くなる。
そして、それを救う手段も無くなった。
もう、工業高校はおしまいです。

製造業はハケンばかり正社員になれません。
大手企業は、高卒は採りません。
子会社も、採らなくなりました。
せいぜい、派遣会社が登録に応じてくれます。

そして、プライベートも、
まともな、結婚相談所は、学歴が低くて入れません。
出会いサイトは規制され、壊滅状態です。
(本当の不健全なら、裏で暗躍していると思いますが)

一般の掲示板やSNSも「出会い」というキーワードは、
削除対象です。

もう、工業高校卒は、マトモに生きる道が無いんですよ
そりゃ、性欲は風俗で晴らし、寂しさは、キャバで紛らわしますか?
しかし、ハイリスクローリターンです。

今、見捨てられた工業高校ですが、
こんにちの不景気で、大学進学が経済的に困難という事で、
工業高校にやむ得ず入る不幸な生徒がいるそうです。
でも、それは悪循環、金も心も貧乏な人間を作り、
満足のいかない一生を送るようなもの。

奨学金、新聞奨学生でも、いい。
大学だけは行かないとだよ。
[PR]
by joao_tcm | 2009-03-11 03:00 | 今日の出来事

男ばかりだから??

Excite エキサイト : 社会ニュース

大学の工学部不人気、なんかそんな気がします。
地味、企業へ入っても、華やかな人と接する仕事が重視され、技術系は・・・という状態。

そして、男ばかりなので、出会いも無く、あっという間に老けていく。
技術、技能の取得よりも、人生がエンジョイできるか、どうかが、重要と考える人が多いのだろうか。

大学でも、こんな状態では、工業高校は、いますぐ無くなった方がいいですね(苦笑)
[PR]
by joao_tcm | 2006-10-26 03:55 | 今日の出来事

最後の抵抗

日本には死刑制度がある。
その目的は、犯罪の抑制と本人への罰だ。

しかし、この場合、本人が望んでいる為、まったく意味の無い刑になってしまった。
それは、裁判を短く終わらせ、根本的な原因を話さないようにして、まがった社会がある限り同様な事件の発生を望もうとする、最後の抵抗だと思う。

なぜ、このような事件が起きてしまったのか、今後、発生を防止するにはどうしたら良いか?
分析されないまま、死刑が執行され、この事件は終わる。

単純な発想からすれば、死刑は最大の罰かもしれないが、本人が、生きる意味が無いと「死」を望んでいるなら、まったく意味の無い刑罰になってしまう。

元々、このような異常な事件を起こす人は、自己の評価、価値を低くしている人が多い。
宅間も似たような感じだ。
自分のいのちの価値が無い上で、殺人をしているわけだから、死刑があろうと、犯罪抑止には繋がらない。

また、根本的な原因は闇に葬られ、また、同様な事件が起き、関係ない命が犠牲になるだろう。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-10-11 00:52 | 今日の出来事
Excite エキサイト : 社会ニュース

また、痛ましい交通事故が発生してしまった。
そして、また、長距離トラックが絡んだ事故だ。

なぜ、このような事故が起きるのか?
道路が悪い、雨だった、カーブだった。というような環境要因は、治し易いから、このような「せい」にしたくない、根っこにあるモノは、底辺の競争社会だ。

業界は違うが、僕の勤めている会社の例を挙げよう。
僕は、工業高校卒で、技能職・・・
会社は、親会社からの下請け業務(工事・システムの設計)が、主だ。
まあ、工場みたいな感じ・・・

そこに、スーツを来た、親会社の営業担当の人がやってくる。
スーツにネクタイ、オーダーメイドのワイシャツに、ブランド物の腕時計。
鋭い目つきに、はっきりした顔。
まさに、コミュニケーション能力旺盛である。

そして、その人たちの欲求は・・・
営業「工事なんて、簡単でしょう。こんなの早くやってくださいよ」
技能者「え・・・で、で、で、えーっ、できないなあ」
営業「じゃあ、これで、お願いしますね。あのこういう事は言いたくないですけど、やっていただけないなら、他の会社に頼んでもいいんですよ、誰でもできる仕事なんだから」
技能者「・・・・はい・・・わ、わ、わか、わかりました」
という具合で、無理な欲求が押し付けられる。

下請けの立場、裏方の立場では、このように、仕事をくれる「神様」に対して、何も口答えができないのだ。
単純に、「できない」、感情論で言っても、彼らは、聞かない。
(あ~、適当に言って、慰めさせれば良いや~マニュアルどおりに・・・)

営業の彼らを納得させる、話し方、コミュニケーション能力、経済知識などの一般教養、ユーモアなどが必要なのだ。

しかし、底辺で働く人たち、僕も含めて、それらの能力は、学べなかったし、今も学ぶ機会が無い・・・
そして、下請けが嫌でも、会社単位で言えば、そこの技能職社員が、自ら、プレゼンをして、自己PRをして、新たなビジネスチャンスを持ってくることもできない。
仕事をくれる「神様」に従い、無理をしてまでも、「神様」の機嫌を損ねぬように、黙々と、日々仕事していくしかないのだ。

その分かれ道は、生涯使われる立場として生きていくのか、人を使う立場になるのか、どちらの道に進むのか、大学へ行くか、工業高校卒どまりかで、大きく変わってしまう。
普通科高校卒で就職した場合も同様だが、彼らの多くは、正常な環境下でのコミュニケーション能力が備わっている。
そして、男女比などの偏りも無いので、世間一般の情報が、普通に入ってくる。
だから、世間知らずで、無理な仕事、割りに合わない仕事が来たとき、自身を守る力が実についているのだ。

高速道路の事故。
高速道路は、自由に走行が可能だ。
貨物も、最近流行の高速バスも、参入自由だ。
一方で、業者の乱立と荷主、ツアー会社などの無理な欲求により、コミュニケーション能力、一般教養に低い人たちは、何も抵抗できずに、黙々と「神様」のいう事に従うしかないのだ。

深夜の長距離輸送、高速バスの発展により、安全システムがあり条件的に無理な競争ができなかった鉄道輸送は衰退していった。
「夜行列車の廃止」「貨物列車の廃止、トラック輸送への切替」そりゃ、無理して頑張ってくれる人に頼んだほうが、安上がりだからね。

高齢化による鉄道を初めとする公共交通機関の充実。
環境問題に配慮した、鉄道の有効活用。
このような悲惨な事故を無くすため、強制的な安全システムのある鉄道へのシフトが必要だろう。
しかし、鉄道は、頭の良い人が作ったすばらしい輸送システムである。
定時性、安全性に優れているのは、もちろんの事だが、ビジネスとしても、儲かるように、人を使わないシステムができている。
そうなると、鉄道輸送が優位になった時、トラック輸送に従事する人の仕事が一気に奪われる可能性が高い。

全体で言うと、環境問題を行ってしまうと、モノを作るだけ、流れ作業しかできない人のホトンドが、仕事を失うだけだろう。
[PR]
by joao_tcm | 2006-09-14 14:34 | 今日の出来事
Excite エキサイト : 社会ニュース

Excite エキサイト : 社会ニュース

Excite エキサイト : 社会ニュース
 山口県の工業高等専門学校(高専)で、起きた殺人事件。
指名手配の容疑者の自殺という最悪な結末で終わってしまった。

彼が死んでしまった以上、なぜ、このような事件が発生してしまったのか?
まだ、未成年である彼の心情でしかわからない、事件の核心が、永久に闇に葬られてしまったのだ。
しかし、これで、きっと、ほっと、胸をなでおろしている人がいるだろう。
それは、彼が死んだことで、「死人に口なし」になるからだ。

家宅捜索や周辺の事情聴取などで、彼が、いわいるアダルトビデオの特に変態モノと呼ばれるジャンルに興味を持っていたことが報道されている。
すると、彼がこのような事件を起こした理由は、「アダルトビデオ」が悪く、それを見続けた個人が悪いという問題で片付けられてしまいそうで怖い。

では、真の理由はなんだろう。
工業高校卒で、似たような環境にいる俺は、このように考えている。
被害者の女子学生と加害者の男子学生は、友達関係である。
そして、被害者の女子学生には、長く交際している彼氏がいた。
たぶん、被害者と加害者は、友達の仲でも、かなり仲の良い関係だったのだろう。
しかし、あくまでも、友達。
彼女からすれば、多くの男子の中の中の良い友達の一人にしか見えなかっただろう。

しかし、加害者男子学生からすると、それは、「友達」としての感情なのか、「恋人」としての感情なのか、わけがわからなくなってしまったのだと思う。

そして、その2人の意識のズレが、トラブルとなり、性的な願いをかなえようとして、凶行に及んだのだと思う。

では、なぜ、こうなってしまうのか?
それは、簡単である。
大事な思春期の時期に、男ばかりと言う(この高専の学校公開資料によると、90%近くが男子学生)極めて特殊な環境下で、同世代の女性と接する事ができず、恋愛感情を含め、女性との人間関係の構築が未熟だったのであろう。

普通の世界なら、男女比は、1:1、その中で、Aさんは、恋人、Bさんは友達、Cさんは、知り合い・・・・という人それぞれに対し、違う人間関係ができてくる。
ところが、男女比の著しく偏っている世界では、Aさんは、恋人、Aさんは友達、Aさんは、知り合いという具合に、女子が少ない為に、Aさんは、全ての役割をしなくてはいけない状態になってしまうのだ。
友達と知り合いは、1:多という関係は、可能だが、恋人は、1:1でないと駄目。
そして、恋人にはできて、友達にはできない事がたくさんあるのだ。

それが加害者の男子学生としては、友達どまりだったのは、最大の不満だったのだろう。

しかし、事件の真相は闇の中へ・・・
大切な思春期の時期を男ばかりいう極めて、特殊な環境下におかれ、正常な心の成長ができなかった事により起きた悲劇だろう。

しかし、これで、また、真相はわからず、問題は先送り。
「変態アダルトビデオ」のせいにされて、おしまいです。

また、工業高校や工業系学校という男女比が、著しく偏った特殊環境下で、同じような事件が起き無い事をねがいます。


そして、被害者の女子学生。
去年の11月末?だっけな。東京の町田の工業高校の生徒間で、起きた被害者同様に、美女である。
野球部のマネージャーもやっていたらしく、男女比の著しく偏った環境の中で、さらに、彼女の存在は目立ったであろう。
多くの男子学生の人気者だったのでは無いか。

たくさんの男子学生に声をかけられ、話し相手になり、すごいエネルギーを浪費していたと思う。
それなのに、殺されてしまうなんて、かわいそうな話である。

一日も早く、心身未熟な高校生のうちに、男女比の著しく偏った環境になってしまう、このような学校は、統廃合して、女子の多い学科と一緒にするとかして、無くなって欲しいと思う。

しかし、こう書いたところで、被害者・加害者も死んでいる以上、事件の原因は、「変態アダルトビデオ」になってしまった。
[PR]
by joao_tcm | 2006-09-08 00:59 | 今日の出来事
工業高校では無いが、工業系の学校で、また悲劇が発生してしまった。
事件がおきたのは、高専と呼ばれている学校だ。
ここの工業高校同様に、9割近くが男子生徒という男女比の著しく偏った環境だ。

男が、女を殺す。
こういった場合、殆どが、恋愛感情によるトラブルだ。

なぜ起きるのか?
簡単だ。
好意を持ったのにも関わらず、相手にされない。
今まで、いい関係だったが、別れを告げられた。
という状態で、おきたのだろう。

しかし、通常の場合は、その女にすぐ彼氏ができる可能性も低いので、冷静になれる時間ができる。
しかし、男ばかりの環境では違う。
数少ない女の子に、大量の男性が、餌を求める池の鯉のように寄って来るのだ。
d0014182_085211.jpg


その為、その女性に好意を持った男性は、焦りが頂点に達する。
そして、彼女を独占したいという焦りと欲望が、無意識のうちに、彼女への攻撃に変わるのだ。

「食い物の恨みは怖い」というのがあるが、食い物も恋愛も本能的な機能。
飢えた環境になると、人間としての理性を失う。
そして、今回のような悲劇が発生するのだ。

一年も経たないうちに、男ばかりの工業系学校で起きてしまった悲劇。
男女比のアンバランスが、これほど恐ろしいものなのに、「関係ない」と否定する人たち。
恋愛に一番燃える年頃なのに、男ばかりの環境がいかに悪いか、象徴させられる事件だろう。

詳しくは、その後の操作が気になるところです。



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-08-30 00:14 | 今日の出来事