工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:今日の出来事( 89 )

セルフ車掌

セルフ車掌と言うのを皆知っているだろうか?
詳しくわからないが、2ちゃんねるが語源??
http://www5.atwiki.jp/tetsu-ita/pages/30.html#id_a4d94e43

本日、山手線で目撃。
電車に乗った途端に、運転席の方向へ、猛ダッシュ!
視点と首が不規則に、左右に揺らし、「ヨシ!」とか「進行!」とか言っていた。

しかし、とっても迷惑な存在だ。
鉄道好きである俺からするとね。
あーいうのが、一人でもいる限り、鉄道オタク=セルフ車掌 というイメージが、一般人についてしまうのだ。

セルフ車掌とは、列車の中や駅構内で、放送されているアナウンスを実際に真似したり、自己満足で、列車の中で、勝手に一人で言っている人の事だ。

しかし、この人たちは、とっても大きな問題がある。
セルフ車掌の99%は、知的障害者なのだ。

鉄道趣味を長年続けている会社経営の人が言っていた。
「知的障害を持つ親からするば、その子ができるだけ、外部に接し、興味を持たせることが、知能の発達になるから、一番身近である、鉄道に興味を持つように仕向けるんだよな」と。

し か し ・・・・・

それは、大きな過ちだ。
その知的障害の子が、セルフ車掌をやっているという事は、それだけ鉄道に興味を持ってしまった事だ。

将来の仕事として、鉄道をしたいなんていうかもしれない・・・
親はどうやって、説明するんだろうか・・・・

鉄道会社の採用基準は、心身ともに健康である事。
お客の命を預かるわけだから、当然だ。

そうなると、知的障害者なんて、論外中の論外だ。

興味を持たせるように仕向けて、夢を現実にさせようと発想したときに、知的障害という現実。
夢は、無条件に壊れていく。
こんな酷い仕打ちは無いと思う。

そこには、全く、根本的にわかっていないアホな教育者の理想教育とか言って、目が輝いている姿が目に浮かぶ。


愚痴でした。
[PR]
by joao_tcm | 2006-08-06 03:58 | 今日の出来事

女友達

工業高校から続く男ばかりの生活。
会社も男ばかりだ。
しかし、最近、プライベートで女友達ができた。

工業高校卒の男ばかりで極めて特殊な生活を送る僕としては、嬉しいことだ。

しかし、その友達から、次のような事を言われた。
・目つきがキモイ(人をまっすぐ見られない)
・いつも、そわそわしていて、キモイ。
・緊張しているのが丸見えで、どもっていて、キモイ。

確かに、その通りだ。
高校時代から、今に至るまで、女性と話す事は、社交辞令程度。
職場にいる数少ない女が、お印程度に話しかけて、会話をする程度だ。
会話の内容も、超無難な内容で、住所程度で終わり。10秒程度。
その10秒の間でも、次に話したい男たちの視線が女性に集中、僕と会話が終わると、他の男性達は、我よ我よの勢いで、女性に話しかける。

そんな生活が、15年も続いているのだ。
僕達が、男女比1:1で話せる機会を作るとしたら、金を出して、フーゾクに行く、キャバクラに行く、デート商法に騙されに行くしかない・・・・

数少ない女性を食事に誘うのも、命がけ。
数少ない女性は、たくさんの工業高校卒で、女に飢えた男性に声をかけられているので、また、ウザい誘いが来たという感じである。
そのタイミングが悪かったら、どうなる?「セクハラ」で訴えられ、首ですよ。
だから、男ばかりの世界で、女を誘うことは至難の業だ。
(それができるほどの能力があれば、工業高校卒でいけてない地味な技能職というイケテナイ職業には就いていないと思う)

しかし、僕には女友達ができ、1:1で話せる環境が、15年ぶりに来たのだ。
しかし、もう、嫌われているモード。
オドオド、キョロキョロ、緊張、冷や汗。
ドモリ、手の振るえ、
久しぶりな環境に、アレルギー反応が出ている僕です。

もう、一生、こうなのでしょうかね。
15歳の高校受験の誤りが、学力や技能不足などで苦しむのでは無く、女不足で苦しむ。
本当に悲しい人生です。

趣味程度のレベルの低い技能を身につけるために、人間(よりも下等な生物にも)に備わっている機能を失ってしまったのだ。

悲しい。
[PR]
by joao_tcm | 2006-07-09 02:02 | 今日の出来事
エレベータが勝手に動き出して、エレベーターの籠の床とフロアーの天井に挟まれ死亡。
以前、グロサイトでどこかの途上国で、エレベータに挟まれ死んでいる人の画像を見たことがあるが、まさか、先進国の日本で起きるとは、思わなかった。
しかも、飲み屋街などにある、築云十年経つ、古い雑居ビルならともかく、築も浅い、マンションでのできごとだ。

しかし、今回事故のおきたエレベータでは、事故の前兆はあった。
過去にも、色々なトラブルがあり、そのたびにメンテナンス会社が、修理をしていたらしい。

恐らく、職人的勘から、このエレベータは「やばい」という感じはあっただろう。
少なくとも、何度もトラブルを起こしているエレベータなのだから、マークすべきエレベータだろう。

しかし、そういった事は、生かされずに、今回の事故に繋がった。

そこで、感じるのは、裏方の仕事は報われない、マニュアル、指示されたこと以外の仕事をしても、お客に対して見えないから、成果として認められないということである。
決められたメンテナンス費用、決められた時間の中で、どうやって、労力を使わずエレベータの面倒を見ていくのか?企業で利益を求めなくてはいけないので、経営者からすれば当然考える事であろう。
そして、そのしわ寄せは、仕事をやっている成果が、他人に見えない、現場の職人に来るのだ。
このエレベータが、点検中であっても、点検作業を目撃している人は何人いるだろうか?
危険なエレベータの籠の上で、黙々と点検作業をしても、一般人には見えない、今は、経営者も見えていないだろう。

つまり、裏方の仕事は報われないのだ。

僕は、工業高校卒、いわいるバックヤードの仕事が多い。
そこで、お客様のために、丁寧な仕事をしても、それがお客様に気付いてもらえない状態なら、残念ながら、評価されない。
しかも、普通は、お客様から見えないので、経営者は、見えない部分の品質を落としても、コスト削減に励むだろう。

でも、いざ、不良品やトラブルが発生すれば、現場の職人は、責任を負われ、苦しむだけ。

やってあたりまえ。
失敗すれば、ペナルティー
それが、裏方の仕事なのだ。

景色の良い高層ビルで、華やかなビジネススーツを着て、はきはき話しながら、プレゼンテーションを行っている人の方が、よっぽど評価されるのだ。

ビジネス関係の書籍をみればわかるだろう。
「しごとのできる人間の話し方」
「外見力」
「できる人の行動」
こんな技術、技能に関係ないキーワードがならぶ。

今は、直接、技術や技能をもち発揮することが、仕事を成功させる早道ではなく、コミュニケーション力、人にいかに好印象をあたえ、見てくれだけ、よくすればビジネスは成功する、給料が上がるという事だ。

つまり、表現も下手、表現する機会も無い、裏方の仕事は、いつまでも、報われないのだ。
Excite エキサイト : 社会ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

裏方の仕事は報われない・・・(山手線の線路隆起事故のとき書いたもの)
[PR]
by joao_tcm | 2006-06-04 20:22 | 今日の出来事
久々に工業高校卒の恋愛苦労日記を更新します。
秋田県で起きた小学生が殺害された事件。
この事件も、小学生がターゲットになったことで、ご近所は、保護者同伴の登下校、不審者情報の共有化など、さまざまな対策をしていた。

他の事件も同様だが、気になるのは、不審者情報。
不審者を見かけたら、情報を共有する仕組みだ。
また、「不審者は、こういう人」というような教育もされた上での子供からの不審者情報も入る。

そこで、気になるのは、不審者情報で必ず共通点があるのだ。

それは・・・
・ほとんどが男性である。
・小太り、痩せ型、色白、ハゲかウェービーな髪型(たぶん天然パーマ)、チビか、極端な長身
・黒いサングラス、黒い帽子、作業着など暗いイメージの服装

これらの特徴を見ると、女性と縁があるように思えないような特徴である。
つまり、不審者というのは、「女性と縁の無い状況にある人」という事だ。

この不審者の容姿、渋谷や恵比寿にはいないかも知れませんが、秋葉原には普通にいる服装です。

もし、ファッション分類に、裏原系というのあるのなら、裏アキバ系というのを作ったら、
主なファッションの特徴として、不審者情報の特徴とほぼ同一になるだろう。

つまり、不審なことをやろうとして、不審者に思われないためには、女性と縁のある人間になるという事だ。

という事は、女性と円のない生活を送っている「工業高校卒」は、不審者なのだ。

今回の事件、実際、容疑者として挙がっているのは、女性。
素人目の不審者情報が、マスコミなどの情報で作り上げられた、偏見や差別的視点で、作られているというのが、一目瞭然だ。

素人が、人を不審者として、判断し、それを公の情報とするという事は、人権侵害にも繋がる、恐ろしいことなのだ。

悪いことをしたい男たちへ、
悪いことをするなら、体型も含めて、服装、しぐさ、言動など、女から、モテる人間に変身すれば、怪しまれないし、疑いもかかりませんよ。
まあ、もっとも、女性に縁のある人生に替われば、小学生を狙う必要も無くなる事が多くなると思いますけどね。あーでも、横浜のマンションでおきた小学生突落事件の犯人は、妻子ありの人だしね・・・普段の中では、不審者としては、あがってこないような人物だしね・・・・

それくらい、「不審者」という定義は、差別的で、実態とは異なる差別的視点で、素人目で作られているのだ。

まあ、今回の事件の容疑者が女性であったことで、これからは、何を定義に不審者というのを、決めるのかな?
各地の安全関係の仕事をしている人たちの動向が気になります。

ちなみに工業高校卒の僕も不審者として、通報され、警察からパトカーで事情聴取を受けた事があります。
工業高校を卒業した歳だったかな?
格子シャツに、ラクダ色のズボンに裾を入れ、髪の毛は、おきたまま、リュックに時刻表と鉄道雑誌と、カメラを入れ、線路沿いを歩いていました。容姿は、今で言うアキバ系です。
もっとも、今もアキバ系ですが。
パトカーがやってきて、荷物をチェックされました。
でも、疑いが晴れたのは、服が洗濯してあった事。
なんでか、わかりますか?
それは、その近所に、オウムの道場があったらしく、出家した信者などが、荷物をたくさん持って、うろうろしている事が多く、近所の人が警戒していたからです。
つまり、僕は、容姿から、オウムの信者と思われたのです。

だから、やっぱり不審者の定義は、容姿としぐさなんですね。

Excite エキサイト : 社会ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-06-04 13:25 | 今日の出来事

負の遺産「工業高校卒」

工業高校卒という僕の学校歴、恥ずかしい・・・
会社、工業高校卒以外の友達付き合いなど、ぜったいに自分が「工業高校卒」である事を、言わないように気をつけている。
工業高校卒というのは、僕を駄目にした、負の遺産だから・・・・

それは、僕の勤める会社でも同じだ!
とある昔、モノを作れ、作れの時代、僕の勤める会社は、工業高校卒や普通の高卒に技術を習得させたりして、多くの職人的人物を育成してきた。
その時代は、その人たちは、高い職人芸を持ち、役に立ったし重宝された。

しかし・・・・

産業構造が変化し、そういう人たちは、必要では無くなった。
定型作業的な仕事は、社員を雇えるほどの収入が得られなくなった時代、機械がやったりするようになった。

そうなると、工業高校卒の職人的技能職が余るのだ。
新しい技術を覚えようとしても、四十代、五十台になると、頭がついていかない・・・

でも、わからない事があっても、自分は技能持ちという昔から、続く、職人的プライドが邪魔して、人に聞くことはできない・・・
特に、若い世代の社員や大卒の社員に対してはなお更・・・
長年続けて、癖になっている七三分けした、分け目から、脂汗が浮き出ている・・・

「ワシは、工業高校出て、いろいろな技能を体で覚えたんだ」例えばこんな風に。
「今の(大卒)若造なんか、口だけでわかっていないだろう。」とか、酒を飲み、ドモリながら、体を不規則に揺らしている姿が想像される。

収入を上げるため、新規ビジネス参入、「誰がやるんだ」
健康食品の販売、介護ビジネス、プリペイドカードの販売・・・
かつての崩壊寸前の国鉄のようだ。
長年、外部の人と接することなく、黙々と職人的な仕事をやってきた人たちが、無理やり、街頭で、商品のチラシ配り・・・手が震えている。ドモッテイル・・・
商品の勧誘の為、戸別訪問。
パソコン関係の商品だったが、お客さんの方が、知識が高い・・・
話についていけない・・・
という、昔の工業高校卒の人たちの現状だ。


じゃあ、近代の工業高校卒の僕は、何をしているのか・・・
自分の大変、毎日、プレゼンテーションの資料作り、工業高校では教えてくれなかった。
来客の世話、会社で、初めて、名刺交換のやり方を覚えた。
大卒の営業の人に、スーツの着方の最低限のマナーを学んだ。
大卒の営業の人に、馬鹿にされながら、接待のお店、おしゃれなお店などを教えてもらった。

そして、僕は、昔の工業高校卒の人のパソコンのサポートマンくらいかな。
得意になってやっている仕事は。

会社も高い技術が欲しくて、新しい技術をどんどん覚えてくれる若い社員が欲しいらしいが、古い工業高校卒の職人さんが大量に残っているため、採用抑制中。
営業の採用はあるが(もちろん大卒以上)、技能職、技術職の採用は、極端に少ない。

僕は、工業高校を出て、何か役に立っているか。
もう、工業高校で学んだ技能は、古くて役に立たない・・・
会社は、技能よりも、何でも、総合的に仕事をできる人を求めている。
だから、定型作業で満足している工業高校卒、一部の大卒は、評価がものすごく悪い。

技能なんか無くても、お客さまの前で、おしゃれな格好をして、どうどうと話せる人は、給料が高い・・・

資格を持っているから、給料が高くなる。
技能を持っているから給料が高くなる。
実際に、会社の役に立たなければ、負の遺産になるだけだ。

僕にとって、恥ずかしい学校歴、それが「工業高校卒」
[PR]
by joao_tcm | 2006-04-29 02:05 | 今日の出来事
今日の山手線のトラブル、「またか?」と言う感じだった。
数ヶ月前にも、線路の下の道路工事で、線路が変形するという事故があったばかりだ。

しかし、一般の乗客は、この下で、何が行われているか、全く気付かなかっただろう。
そして、この事故により、「こんなところで、工事が行われていた」と初めて知るのだ。
皮肉だけど、裏方の仕事が、ここで、一般人に伝わったのだ。

こういう事故の原因は、人の目に付く、華やかな仕事だけが評価され、一方で、見えない仕事は評価されない。
だから、安全に対して、作業に対して、モチベーションが無意識のうちに下がってしまっているんじゃないだろうか?

尼崎事故から約1年、尼崎の事故の特集もやっているなかで、鉄道会社の社長は、このように振り帰っていた。
「安全という部分は、地味な部分で、華やかな事業(運行管理システムなど)が優先され、ATS-Pの整備が後回しになった」みたいな事を、テレビのインタービューで言っていた。

たしかに、社長の言い分はわかる。
お客様の目に見える、案内表示をしたりする運行管理システムは、設置する事で「サービスを良くしている」という好印象を与える。

一方で、ATS-Pの整備はどうだろう。
線路に、ATS-Pの地上子(センサー)が、設置されても、鉄道マニアでさえ、気付くのは、わずかだろう。
一般の乗客が、旧型ATS(ATS-SW)から、ATS-Pになっても、誰も気付かないだろう。
そして、ATS-Pが、どんなに高度な技術を駆使して動いているシステムだという事も気づかないだろう。

話は逸れたが、安全装置の話、山手線にも言えることだ。
山手線は、運転台の速度計に信号が行事されるATCを使っているが、今、そのATCの機能+ATS-Pのような停止パターンを計算して、走るべき速度を指示できる、デジタルATCを整備している途中である。
線路際に新しい装置や、線路には新しいセンサーや標識が徐々に設置されているが、一般の乗客は誰も気付かないだろう。

どんなに苦労しても、どんなに頑張っても、「やって当たり前」が裏方の仕事。
華やかな仕事しか、評価されない世の中、注目されない世の中では、このよう見えないところのほころび原因で、起きる事故は、防げないだろうし、今後、もっと増えるだろう。

今日の線路異常に関して、現場担当者、工事などを請け負った協力会社だけが責任を負うような事が無い事を願いたい。

工業高校卒の僕も、分野は違うが、地味な裏方の仕事だ。
俺の勤める会社でも、営業や企画という職種の人たちが、スーツを着て、取引会社とのパーティーに出席している人だけが、評価され、俺たちは、どんなに無理な納期も守り、品質を維持して、頑張っても「やって当たり前」の状態だ。

はっきり言って、俺には、他人事と思えない事故だった。

Excite エキサイト : 社会ニュース


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-04-24 22:37 | 今日の出来事
コメント色々ありがとう。

でも、一つ思ったこと。

僕のこのブログでは、工業高校卒が、恋愛面で、非常に大変だという事が書いてある。

それと、就職の問題、職業の問題の大変さもあげている。

その中で思ったこと。
「工業高校卒なんて、関係ない」って言っているあなた?
じゃあ、自分の勤める会社は、工業高校卒採ってますか?

僕の会社は、今は採っていません。
大卒のみ(技術職は、専門学校卒以上)になりました。
だから、工業高校卒が、就職できなくて大変と言ってきたら、
僕は、こう答えます。

「そうだね、工業高校卒じゃ、ろくな就職先ないね」と・・・
励ましません。
だって、うちの会社は、工業高校卒は採っていないから。
[PR]
by joao_tcm | 2006-04-24 02:53 | 今日の出来事
耐震強度偽装事件。
この事件を見ていると、現代のビジネスにおける勝ち組、負け組の姿を象徴するような事件だ。

建築士は、建物を設計するという技能は持っているけど、必ずしも、ビジネスで必要なコミュニケーション力や経済に関しての教養を持っているとは限らない。
もっていない人が多いだろう。

そして、その知識の無さが、迫るビジネスの厳しさから、身を守ることができずに、仕事の確保の為、依頼主の言いなりに・・・

そして、依頼主も、挙句の果てには、「わたしも被害者です」と・・・

結局、いい事があれば、利益は奪い去られ、悪いことがあれば、責任を押し付けられ、おしまい。
それが、技能しか持たない職人の悲劇だ。

そんな、事をかいている僕も、姉歯さんと同じ「工業高校卒」なのだ。
技能で飯を食っている。
無理な納期、無理なノルマ、日が経つにつれ厳しくなる。
無理してやれば、ミスも発生する。
そのペナルティー、損害賠償の金額は、受注した金額の数倍だ。

馬鹿を見るのは、技能しか持たない職人的人物だけ。
技能が無くても、コミュニケーション力、ビジネスの教養、色々な経験が、豊富である人が、勝つという構造だ。

黙々と真面目に仕事をやれば報われる。
そんな事は無い。
真面目で、ろくに口も聞かない奴は、「都合のイイ奴」とされ、リストラ、誰もが巻き込まれたくない転勤、配置転換の候補に・・・・

何か、ミスが起きれば、「なぜ、報告しなかった。報告すれば、何か手立てはあったのに」と後付の言い訳を言われ、結局悪者に・・・

これが、使われる側と、使う側の格差。
ビジネスの勝ち組と負け組みの差なのです。

僕からのアドバイス、明日、仕事で使う技能よりも、10年先に使う人間的な能力を積極的に身につけなさい。
資格よりも、人間的な魅力に人は集まる。
地味、ダサい、キモイは、どんなに、すばらしい、技能があっても、人(良い人)は、寄り付かない。

※最後まで読んでくれてありがとう※
ここを押すと、このブログ全体が見られます。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-04-20 01:18 | 今日の出来事
 女友達から、ひどく怒られた。
・アンタはいつも、女の意見に合わせている、自分の考えを言わない、だから、キモチワルイ。
何考えているか、わからないから・・・・

 こう言われて、初めて、工業高校に入ってから、今に至るまで、やってきた事が、重大な誤りだという事に気付いた。

 工業高校、技能系の職場、男ばかりで、女性は希少な存在。
話をする事も、激しい競争率の下、至難の業だ。

 そんな中で、数少ない女の気持ちを引きとめようと、同じ意見のフリをして、女に合わせてきた。
 自分の考えを出さずに・・・

 それは、最低限、生活の中から、数少ない女を消さないために。

例えば、普通の世界なら、意見が違う、考え方の相性が合わないというのは、男女関係無しに、「その人とは、合わない」っていうこと。
だから、友達や恋人にならなければいい話。
他に新たな出会いがあるかもしれないし、その人に合わせる必要も無いと考えるだろう。

 でも、工業高校から今に至るまで続いている、男ばかりの環境下の場合、「この女を逃したら、次のチャンスは、いつ来るのだろう」という危機感が、自分の考え、意見を潰し、ただ合わせるだけで必死、合わせる事に、労力を使ってしまうだけになってしまう。

 でも、合わせているのは、持続はできない・・・
友達→恋人→夫婦となったら、どうだろうか?
一緒に過ごす時間は、どんどん長くなるし、より深い関係になる。
合わせているのは限界に達し、本性が出てしまい、その本性が、相手と合わなかったら、たちまち、その関係は、崩壊するのだ。

 その考えは、意気地の無い、弱虫な考えかも知れない。
リスクばかり恐れて・・・・
それは、僕もわかっている。
でも、壊れた場合のリペア手段が、極めて少ないから、怖くてできないのが、本音だ。

 でも、考えてみれば、怖いよな。
ストーカーになり易いタイプだ。
フラレタとしても、「また新たな出会いがあるさ」って考えられれば、前向きにいけるから、そういう人は、ストーカーにならない。
一方で、男ばかりの環境下で、新たな出会いもめったに無い環境下の人だと、「この人に見捨てられたら、次はどうしたらいいんだろう」ってなるだろう。
怖い話だ。

 僕も、男ばかりの環境下で、彼女ができた男を見ていると、やたらと束縛が強かったりする。
頭の中で、「この女は、何が何でも逃さない」「逃したら、次が無いから」って思うからだろう。

 男女比のアンバランスが、さまざまな「恋愛障害」を生む。
工業高校は、技能だけを学ぶ場所でない、学校だ。
学校なのに、心身の成長の妨げ、曲がった人間を作ってしまう、男女比がアンバランスな環境。
どんなに高い技能を教えられる教育機関だとしても、学校としては失格だ。

 早く、僕を男ばかりの特殊環境下に起き、恋愛能力なし、コミュニケーション能力低い、駄目人間にした、工業高校は無くなって欲しいし、そもそも、モノつくりの時代は終わり、役割を終えている(偏差値の低さや就職先の悪さが物語っている)のだから、無くなって欲しいと思う。
[PR]
by joao_tcm | 2006-03-17 00:40 | 今日の出来事

異性の友達

結構、仲の良い異性の友達がいる。
でも、相手には恋愛感情は一切無し。
友達どまりの状態だ。

でも、仲良く過せるには訳がある。
それは、工業高校卒の僕は、もちろんの事、その異性の友達にも恋人がいないからだ。
二人で買い物に行ったり、時には、遊園地に遊びに行ったりもする。

しかし、僕にはある恐怖がある。
それは、どちらかに、(たぶん、異性の友達の方だと思いますが・・・)恋人ができたとき・・・
この良い友達関係を壊さずに行けるのかと・・・

異性の友達は言う。
「私は大丈夫、元彼の何人かも良い友達関係で、やっている」と・・・
でも、僕は、はっきり言って自信がない。
たぶん、それは、友達に求めてはいけない異性としての役割を求めているからだ。

なぜ、そうなってしまっているのか?
それは、工業高校から続く、男ばかりの極めて特殊な環境下、女性と接する時間、人数自体が少なく、一人、ないしは、ごく限られた女性に対して、友情関係、恋人関係、知人関係といったいろいろな役割を求めてしまっているからだ。
特に、男女の関係が、本格的になる大事な思春期の時期(現に世間一般的には、初体験などはこの時期が多い)に、工業高校と言う男ばかりの極めて特殊な環境にいた為、子供から大人へ変化する異性の感情を知ること無く大人になってしまったからだ。

工業高校、またはそれに準じた男女比のバランスの悪い環境下で、思春期を過した人には、友達関係、恋人関係のコントロールが利かない人が多い。
例えば、こんな事もあった。
ある仲良しサークルに所属していた時の事、代表のAさん(女性)とメンバーのB君(工業高校卒)が恋愛感情になり、交際を始めた。
しかし、やがて、AさんとB君の間に、亀裂が生じ恋愛感情は無くなった。つまり別れたという事。
そうしたら、どうでしょう。
そのサークルにAさんが居るときは、B君は不参加、逆に、B君が参加しているときは、Aさんは不参加という状態に・・・
メンバーであった僕達は、不審に思い、B君に話を聞いたところ、別れたAさんと会うのは、嫌で、お互いに、会わないパターンになっていたらしい。

でも、世の中には、離婚しても、お互いにあって、コミュニケーションをとっている人もたくさんいる。
また、かつて、恋人関係だった人と、今は、いい友達関係で、付き合っている人もいる。
でも、僕は、恋愛感情と友達感情のコントロールが利くかどうか不安だ。
その異性の友達に、恋人ができない事を願ってしまう。
わがままだけどね。
[PR]
by joao_tcm | 2006-02-15 03:08 | 今日の出来事