工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

受験当時から、偏差値は気にしなかったけど、現在の母校の偏差値を調べてみた。
なっ、なっ、なっ、なんと、偏差値は45でした。
僕が入学した当時(約10年前)は、偏差値57はありましたよ。
原因は、やっぱり、高卒の就職環境の悪化、男ばかりで学校行事つまらないなど、何かを犠牲にするまで、工業高校へ進学する必要がなくなったからなんでしょうか?
当時、偏差値が、低く、地域で馬鹿にされていた高校(普通科)よりも低くなっています。
なんか、工業高校の存在は、今、この時代に必要なんですかね?
本当に疑問を感じます。
少なくとも、首都圏では、「工業高校に興味を持ち、行きたがっている生徒の人数<工業高校の定員」になっているのは、事実かな?と思います。
最終的に、定員割れをする事態は、少ないけど、結局、成績と親の経済状況などで、やむ得ず工業高校を選んだ人もいますからね。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-28 00:33 | その他

備えすぎ!?

台風が近づいていますね。
でも、ほとんどの場合は、予想に反して、上陸手前で、進路を変え、掠る程度です。
こういっちゃ、なんで、酷い人だと思う方もいるかもしれないけど、台風が来るという事で、色々備えるわけです。
特に、僕は技術系の仕事なので、災害対策で、特別体制を組むこともあります。
でも、散々、騒いだのに、結局、大した事なかった。
そんな事が多く、「こんなに準備してたのに」と思う事もあります。
台風の個数も多く、強いうちに、襲い掛かる、沖縄などの島々と比べて騒ぎすぎだと感じるわけです。

これ、工業高校卒で、男ばかりの職場にいる僕達、モテナイ男性陣にも、同じような事が言えます。
普段のプライベートは、風俗のようなビジネス女を除いては、男ばっかしで、なかなか、女性と接する機会がありません。
でも、年数回の楽しみ(僕は楽しみじゃないけどね)があります。
・忘年会
・新年会
・人事シーズンの送別会
このような時は、職場にいる数少ない女性(バイトや派遣社員など)も、つき合いで、仕方が無く参加します。
だから、普段、女性と世間話すらできない僕達は、とっても、貴重な楽しみなわけです。
送別会なんて、送別される人、そっちのけで、参加する数少ない職場の女性の席順や、好みのメニューやお店を調べて、会に備えます。
でも、いざ、当日、いきなり不参加。
彼氏も自分のかわいい彼女が、いくら恋愛対象になるような男性は、イナイとは言え、1対多数の男性に囲まれるのは、心配なのでしょう。
許可が出なかったようで、「アタシ、急に用事が出来たので、参加できません」「○○さん(送別される人)ご活躍を期待します」(何て、機械的な言葉)なんて、言って、そそくさ、帰ってしまいました。

たまに、女性と話せる貴重な場を期待して、女性と縁の無い、モテナイ男には、とうてい縁の無いおしゃれなお店を送別会会場として、予約したのに、肝心の女は参加せずに、男ダケで、無言で、送別会。とってもおバカです。

僕達が、女性になめられるのは、女に不足していて、行動が、すべて、女性優先になっているから。
女性が来るというだけで、何もかも、騒ぎすぎ、合わせ過ぎ。

ああ、飢えているんだな。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-25 01:57 | 今日の出来事

越えられない境界

結構、仲良くしている女性友達はいる。
でも、それ以上の関係になれない。
何が足らないのか、わからない。
相性やフィーリングの問題かな?
でも、具体的に何で駄目なのか?わからないんだ。
結構、会う機会が多くて、仲良くしているのに、なにか、それ以上の関係になれない。

なんか、つながってはいるのに、何か、その境には、車止めのような境界があって、それを越えることができない、友達だけど、恋愛対象外の工業高校卒の僕なのです。

※久しぶりに写真をアップロードしてみました。
鉄道に例えるとこんな感じ。
d0014182_2433367.jpg
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-23 02:48 | 今日の出来事

自信ない、経験無い

例えば、こんなグチグチした、ブログを見た人の多くが、理屈じゃない、経験をどんどんしろっていうだろう。
確かに、その通り。
でも・・・
経験できる機会が無いんです。

よく、言われる事がある。
・女性の気持ちがわかっていない。
・気が利かない
・何を話したいんだか、さっぱりわからない。

俺だって、そんなくらいは、十分わかっている。
早急に治したい。
正直言って、これは、将来、工業高校卒の俺が、結婚できるか、否かの問題に、かかっている、命に関わるくらい大事で、深刻な問題なのだ。

女性の気持ちがわからないのは、経験不足だ。
工業高校卒という男ばかりの極めて特殊な環境にいて、女性の話題を言えば、今、女性の間で、何が流行っているとか、恋愛についての話なんて、出てこないで、決まって、「あのコは、胸が、でーんって、でかくて、いいよな」とか、常に性的な対象物でしか見ていない。
つまり、男の快楽を得るために、機会のような存在で見ているような話題しか出てこない。
そこに女性を思いやったり、気を使ったりした経験話なんて、出てこない。

だから、僕は、女性と付き合っても、何を考えているのか、手がかりすら、感じる事ができず。
いつも、カンチガイされて、「こんな奴とは、二度と会わない」みたいな状態になって、嫌われてしまう。

・何を話しているのか、わからないっていうのも、工業高校やそれに関連して続く、進学先、就職先での環境が影響している。
職人同士の会話は、実に、言葉が無い。
「先輩の背中を見て、ついてこい」みたいな世界なので、そこに、教えるための技術というのは、身につかないのだ。
そして、女性がいないので、特に話好きじゃ無い限り、話の話題すら少なくなっていく。
家で、閉じこもって、恋愛シュミレーションゲームで、会話している感じになる。

まあ、今の状態(男ばかり、職人、女少ない)では、俺の足らないところ満たしてくれる訓練にすらならなく、かえって、状態を悪化させてしまいそうな勢いだ。

ポジティブなアクションで、積極的にデートしたくても、食事に行きたくても、俺が知り合えるような女は、男ばかりの世界にいるので、男の執拗な、気遣い、誘いが、公害、アレルギーと化している・
普通の女性は喜ぶことでも、ここでは、男の欲求が集中し、爆発寸前で、さまざまな、弊害がでてきている。

あー、疲れた。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-20 05:17 | 今日の出来事
最近、都会の電車を中心に、女性専用車両が増えている。
痴漢などの被害から、女性を守るため等の理由だと言っている。
でも、僕は違うと思う。
僕は、女性専用車の設定は、ビジネスの一つだと感じている。

長年、男の世界とされてきた、鉄道業界も、近年、女性社員の採用も増えた。
しかし、まだまだ、「男ばかりの会社」である。

運輸業界には、以前から、女性優遇の商品が多い。
寝台列車や夜行高速バスなどは、かなり前から、女性専用車、女性専用席などがあるし、女性向けのフリー乗車券や宿などがセットになった旅行商品もたくさんある。

なぜ、そうなるのだろう。
それは、鉄道をはじめとする運輸業界は、男が多いから、常に「女性、WELCOME」なのである。
だから、女性を優遇する商品、または、男女カップルを優遇する商品が結構あるのだと思う。

話は戻して、女性専用車両。
犯罪対策なら、ありえないような設定がされている。
まずは、女性向けの広告が多いこと。
スポンサーから、すれば、ターゲットに効率よく広告を出すことができて、広告募集の面では、女性専用車は、一つのセールスポイントにもなるだろう。

次に、終日女性専用車の設定である。
関東の某私鉄だが、終日、(通勤用の無料の)急行や特急に設定されているのだ。
これは、どうみても、競合するJR線に対抗して、女性専用車を一つのサービスとして、設定しているとしか思えない。

女の子は弱いもの、犯罪から守らなくては・・・という発想からできた女性専用車、
発想自体も、男性が多すぎる業界の人が、勝手に思っている・・・・
・女性は弱いもの
・男が優しくしなきゃいけない。
・特別に優遇してあげるもの。
そういう、まさしく、工業高校で、男ばかりだから、少ない女性がチヤホヤしてしまうのと、同じような状況だと思う。

特に、男ばかりの世界にいる人間を見ていると、女性を特別扱いする傾向が強い。
こんな奴が居る限り、工業高校卒で、マトモな考えを持とうとすれば、「工業高校卒なんだから、女が来ただけでもありがたく思え」と言われ、対等に女性とは関係がもてないだろう。
[PR]
by joao_tcm | 2005-08-05 03:15 | 今日の出来事