工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

多くのコメントありがとうです。
できれば、あなたのブログも見たいですね。
一方的な書き込みはつまらないですから・・・

僕の職場は、技術系、技能系で、全体からみれば、特にいい年なのに、独身者と言われる人が多いわけではありませんが、「工業高校卒」という区切りで見ると、殆どの人が独身なんですね。
で思うのが、「学歴」の差なんです。
男ばかりでも、工業大学(レベルの高いね)や国立大の工学部出身の方は、ある程度の歳になると、「お見合い」や「結婚相談所」から誘いがあるんです。
だから、ある程度の確率で出会い結婚できるのです。
一方、工業高校卒は、「高卒」という学歴ですよね。
出会えない男性が多く、どこの結婚相談所、お見合いパーティーも男性比率が高い中で、「高卒」なんて相手にされないんです。
金儲けがあるから、「さくら」を使って相手をしているフリをしている事はよくありますけどね。
つまり、工業高校卒は、一般の世界では「恋愛対象外」なのです。
じゃあ、高卒が結婚できないのか?
そんな事はありません。
高卒は、普段の生活の中で、出会いを見つければ、何不自由なく彼女を見つけ、結婚まで、もって行く事ができるのです。
そこで問題になるのが、男ばかりの工業高校卒の人たちなのです。
普通科にも、男子校があるから、同じではないか?とお思いでしょう?
いいえ、違います。
普通科の男子校のホトンドが、その地域の成績トップ校で、大学へ進学するのです。
大学へ進学すれば「低学歴」で無くなるし、サークルなどでたくさんお出会い、そして、色々な経験ができ、ユーモアのある人間に育っていくのです。

工業高校卒が問題なのは、工業高校へ行っている「3年間」だけでは無く、就職先も工業高校の勉強内容を生かすから、同じような男ばかりの環境の会社に就職するわけです。
だから、自然の出会いはありません。

さて、どこで出会うのでしょうか?
[PR]
by joao_tcm | 2006-03-20 21:03 | その他
こういう事件が発生すると、感じるのが、教師達の事なかれ主義ぶり。
でも、仕方が無いのか?
先生も僕達と同じサラリーマン。

普通のサラリーマンが、自分がいかに、お金を稼いで、快適に過せる(人間関係など)かを、考えるのと同じなんだろうな。

でも、教師のやり方次第で生徒の未来は、変わってしまう。
こんな人たちに、人生を預けるなんて、最悪だ。

でも、先生も、しょせんサラリーマン。
同僚にあわせ、事なかれ主義で行くんだろうな。
Excite エキサイト : 社会ニュース

最後まで読んでありがとう。
ここをおすと、このブログの全体が見られます。
[PR]
by joao_tcm | 2006-03-20 08:09 | その他

昇進試験

工業高校卒の僕が勤める会社にも、「昇進試験」がある。
実際に「試験」があるのは、一定以上の等級に達した人だけなのだが・・・
ちなみに、営業職には、営業職の試験、技術技能職には、技術技能者用の試験がある。

で、最近、その試験があった。
同じ職場にいる工業高校卒の先輩2人が該当者で、受験した。
試験内容は、筆記試験(内容は、普段仕事で使う技能的なモノ)と面接試験。
そして、該当者となれば、途中棄権などをしない限り合格できる試験である。

しかし、今年から、試験の状況が変わった。
大きな変更点は、
該当者→一つの等級に一定以上いるか、勤務成績優良で上司の推薦ある人。
が受験できるのは、今まで通り。
さらに、無条件に誰でも今居る等級の一つ上を受験できる自由応募と言う枠ができた。

それと、面接試験の内容が、今までは、日々の業務についての技能的な質問を試験官役となった、上司が行う内容だったが、今年からは、技能的な面は筆記試験ののみになり、面接試験は、技能とは全く関係ない、課題解決能力、コミュニケーション能力、行動特性等を見る内容に変わり、試験官も、外部のビジネススクール?から来た講師に代わった。

すると、試験結果に大きな異変が起きた。
例年、合格していた、「該当者」と呼ばれる人は、ほとんど不合格、(もちろん、僕の職場にいる「該当者」の工業高校卒の先輩も不合格。
一方で、営業や企画部の人が、自己啓発的や興味の為、自由応募枠で受験した人のホトンドが合格するなんとも皮肉な結果になってしまったのだ!

不合格者(特に「該当者」)の人たちの点数の内訳を見ると、技能を問う、筆記試験の部分は、ほぼ100%の正解率、一方で、面接試験は、ほとんどの人が不合格。
不合格の先輩から、面接官が書いた所見をとぼけた顔して何気に、見せてもらいました。
ざっと、見た感じで、印象に残っているコメントを挙げると。
「指示された事は確実に実施する反面、自ら行動を起こし主体的に行動できない」
「状況を分析し、課題解決の為の方向性を見つけて、自らの意思を決定する能力が、著しく不足している」
「課題、問題という意味を理解していない為か、直近の問題解決しかできない」
「何を言いたいのか、結論から話さない為、話の内容がわかりにくい」
「話がつかえたり、相手の目を見て話さない、落ち着きが無い(視線が落ち着かない、貧乏ゆすり、手を不規則に動かす等)為、説得力の無い会話になるばかりか、相手を不安にさせてしまう、印象を受け、コミュニケーション能力が著しく不足していると言える」

と言った内容が書いてあった。
しかし、僕は先輩の事を馬鹿には、できない。
この面接官の所見を読んでいると、まるで、僕が面接を受けて、言われているみたいだからだ・。
僕も技能はできるが、コミュニケーション能力はやっぱり不足している。
という事は、どんなに高い技能を持ったとしても、出世できない(永久に給料が上がらない)って事になる。

今や、技能だけで、飯は食えないのだと、痛感した。
そして、大変な危機感を感じるようになった。
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by joao_tcm | 2006-03-20 02:50 | その他
 女友達から、ひどく怒られた。
・アンタはいつも、女の意見に合わせている、自分の考えを言わない、だから、キモチワルイ。
何考えているか、わからないから・・・・

 こう言われて、初めて、工業高校に入ってから、今に至るまで、やってきた事が、重大な誤りだという事に気付いた。

 工業高校、技能系の職場、男ばかりで、女性は希少な存在。
話をする事も、激しい競争率の下、至難の業だ。

 そんな中で、数少ない女の気持ちを引きとめようと、同じ意見のフリをして、女に合わせてきた。
 自分の考えを出さずに・・・

 それは、最低限、生活の中から、数少ない女を消さないために。

例えば、普通の世界なら、意見が違う、考え方の相性が合わないというのは、男女関係無しに、「その人とは、合わない」っていうこと。
だから、友達や恋人にならなければいい話。
他に新たな出会いがあるかもしれないし、その人に合わせる必要も無いと考えるだろう。

 でも、工業高校から今に至るまで続いている、男ばかりの環境下の場合、「この女を逃したら、次のチャンスは、いつ来るのだろう」という危機感が、自分の考え、意見を潰し、ただ合わせるだけで必死、合わせる事に、労力を使ってしまうだけになってしまう。

 でも、合わせているのは、持続はできない・・・
友達→恋人→夫婦となったら、どうだろうか?
一緒に過ごす時間は、どんどん長くなるし、より深い関係になる。
合わせているのは限界に達し、本性が出てしまい、その本性が、相手と合わなかったら、たちまち、その関係は、崩壊するのだ。

 その考えは、意気地の無い、弱虫な考えかも知れない。
リスクばかり恐れて・・・・
それは、僕もわかっている。
でも、壊れた場合のリペア手段が、極めて少ないから、怖くてできないのが、本音だ。

 でも、考えてみれば、怖いよな。
ストーカーになり易いタイプだ。
フラレタとしても、「また新たな出会いがあるさ」って考えられれば、前向きにいけるから、そういう人は、ストーカーにならない。
一方で、男ばかりの環境下で、新たな出会いもめったに無い環境下の人だと、「この人に見捨てられたら、次はどうしたらいいんだろう」ってなるだろう。
怖い話だ。

 僕も、男ばかりの環境下で、彼女ができた男を見ていると、やたらと束縛が強かったりする。
頭の中で、「この女は、何が何でも逃さない」「逃したら、次が無いから」って思うからだろう。

 男女比のアンバランスが、さまざまな「恋愛障害」を生む。
工業高校は、技能だけを学ぶ場所でない、学校だ。
学校なのに、心身の成長の妨げ、曲がった人間を作ってしまう、男女比がアンバランスな環境。
どんなに高い技能を教えられる教育機関だとしても、学校としては失格だ。

 早く、僕を男ばかりの特殊環境下に起き、恋愛能力なし、コミュニケーション能力低い、駄目人間にした、工業高校は無くなって欲しいし、そもそも、モノつくりの時代は終わり、役割を終えている(偏差値の低さや就職先の悪さが物語っている)のだから、無くなって欲しいと思う。
[PR]
by joao_tcm | 2006-03-17 00:40 | 今日の出来事