工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 国際ニュース
毎日7000人の女の赤ちゃんが中絶の犠牲に=インド [ 12月13日 16時23分 ]
AFP=時事
【ニューデリー13日】国連児童基金(ユニセフ)はこのほど、世界の子供たちの状況をまとめた世界子供白書を発表した。ユニセフはこの中で、インドでは毎日7000人の女の赤ちゃんの命が失われていることを明らかにした。≪写真は、女の胎児の中絶に反対する集会に参加するインド人女性≫
 人口に占める男女の比率は通常女性の方が高いが、伝統的に女の子よりも男の子を望む傾向が強いインドは男性の比率が女性に比べて高い、世界でもまれな国の一つ。同白書によれば、インド国内では女児の誕生は予想されるよりも毎日7000人少ないという。また、英医学誌ランセットによると、インドは過去20年間に1000万人の女の胎児が中絶で死亡した可能性があるという。
 インドの法律では、胎児の性別判定は治療目的以外では禁止されているが、実際には金儲けのビジネスとして行われている。特に同国北部パンジャブ州は、男女の比率の差が最も大きい州の一つで、6歳未満では男子1000人に対して女子は798人。インド全体ではこの比率は女子927人だが、世界全体では逆に女子の方が1050人と多い。
 インドでは、女性は結婚する際、多額の持参金を用意しなければならず、これが、女子の誕生を嫌う一つの大きな理由となっているとされる。




うーん、羨ましいですね。
家族も、男の子の方が大切にされるから、女の子よりも、男の子を生みたがる。

一方、僕達、工業高校卒はどうでしょう?
数少ない女の追いかけ、女王様のように、高いお金をかけ、女性を優遇して、やっと、女性と接する事ができる。

でも、女性は、僕の名前すら覚えていない。
男性は、その他大勢、宇宙のチリのような存在だから。

国によって、男女の価値って、ぜんぜん違うんですね。
僕が結婚したら、女の子が生まれればいいなあ。
男は、いいや。
僕の子供じゃ、オタッキーになっちゃいそうだし。
[PR]
by joao_tcm | 2006-12-14 03:29 | ニュース・話題から