工業高校 入学から続く男ばかりの生活。恋愛経験無し、恥ずかしい童貞だ。そして、時間的「限界」を感じ、色々対策をした。そこで、体験した苦労、思いを書いた苦労記です。


by joao_tcm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:未分類( 4 )

婚活において、アラフォーBBAのプロフィールによく書いてあること・・・

自己紹介編・・・
「私はサポートする方が得意です。結婚後は旦那様のサポートに徹します」

推薦編・・・・
「家庭的な女性です」

はあ?

なんなんでしょう。

つまり、専業主婦して、旦那を人間ATMとして使用したいだけですね。

なぜ、そうなるか・・・

それはアラフォー世代の就職事情がある。

現在のアラフォー世代は、新卒時、超就職氷河期であった。
それは、アラフォーである俺も同じ。

しかし、そこで男女の差が出てしまう。

男性の多くは、希望の雇用形態や職に就けなくても、働いて、食いつないで自立して生きて行かなければと必死だった。
しかし、女性は「将来、オヨメさんになるから、いいわ」という感じで、実家に居座り、親に寄生をして生きてきたからだ。
また、男性の場合は、無職であると「ニート」だの「ひきこもり」だの言われ、社会的批判を受ける。
しかし、女性の場合は「家事手伝い」という言葉に収まってしまう。

ところが、そんな寄生先の親も、自分がアラフォーになれば、七十代である。
仕事はすでに引退し、後期高齢者に近づき、体のあちこちが壊れて、介護や医療にお金がかかるようになる。
ほぼ収入がないアラフォーBBAに取っては、寄生する事が出来なくなってしまう。

困った・・・
しかし、マトモな職に就いていないから、人間関係の世界が狭い。
だから出会いが無い、つまり、自然な恋愛での結婚は厳しい。
その時、慌てて、始めるのが、旦那に寄生とという永久就職を目指した「婚活」である。

女性の場合は、審査が緩いケースが多い。
男性の場合は、正社員または、資産家や自営業などで安定した収入がある事が必須となるが、女性はほぼ無い。
男性は、審査が厳しいから入りにくいが、女性は入れてしまう。

そこで、女性は「お金を払っている」という意識から、男性の希望を好き勝手に指定する。
・公務員か、有名大手企業勤務
・年収600万円以上(手取り)
・自分が四十代なのに、男性は39歳以下希望
・男性の実家が遠いこと。
・専業主婦希望

しかし、社会人経験が少ないアラフォーBBAは、すぐに矛盾してしまう。

・公務員か、有名企業勤務
→ そして、あなたは専業主婦希望?
 それを、旦那様をサポートします。という。
 昨今、ちょっとした事でも、男女差別を騒がれ、職場では大変。
 公務員や有名企業(特にCMで見かけるようなブランド)では、男女雇用機会均等法に基づき、女性も男性と差なく、働ける環境を整備が進んでいる。つまり、こういう職場で働く人は、性別による役割分担は「ダメ」と厳しく指導されているのだ。
 つまり、男は仕事、女は家庭という考えはご法度だ。

・男性の実家が遠いこと・・・
→ そして、あなたは旦那様のサポートをするそうだ・・・
 馬鹿じゃない?
 男性の実家が遠い、つまり、その男性は一人で生活をしている事だ。
 つまり、自分で働き、家に帰れば、自分の着た衣服の洗濯をし、部屋を掃除して・・とか一連の家事をできる。
だから、サポートは不要である。
 サポートが必要なのは、実家暮らしで親に面倒を見てもらっている、男性では無いか?

みなさんも、サポートが好きなアラフォーおばさんには気を付けるべきである。
貧乏人と結婚するくらいなら、一人で居たほうがマシ!




by joao_tcm | 2019-01-29 02:10

旧仕様の売れ残り女

婚活をしている。
しかし、実は、男性はかなり不足しているとか。

でも、俺はそれに喜びもしないし、嬉しくも思わない。

それはなぜか・・・

それは、紹介されるのは、旧型仕様の女だからである。

ここ、二十数年、男女雇用機会均等法などにより女性の社会進出が徐々に進んだ。
つまり、女性も企業でそれなりのポジションを男女差なく、就くようになり、男性よりも高収入な女性も多い。

しかし・・・

それは、35歳以下の女性の話・・・・
40以上の女性となると、男尊女卑の時代の女。
おまけに、40~45歳は、就職した当時、就職氷河期、ハケン、非正規、バイトなどで、食いつなぎ、足らない生活資金は、親のスネをかじって生きて来た独身女が、ついに、親が仕事から引退し、年金収入のみになり、親のスネどころか、親の介助費用で貧乏生活。
仕事をしようにしても、キャリアを積んでいないため、高収入の仕事にはありつけない、男女雇用機会均等法が進んだ、若い世代の女性より低収入、低キャリアという事態が発生している。

つまり、そういう女性は、会社で働くのは、自分より若い女性がバリバリ働いていて、キャリアの無い自分たちはそれ以下、プライドが許さない、だから、現実退避で、専業主婦になるため、金づるになる男性を必死になって探すのだ。

俺は、リストラ子会社で働きつつも、学歴が低くて、昇給スピードが遅いが、正社員という立場は守り続けている。
つまり、会社がつぶれない限り、退職金もそれなりに入るだろうし、厚生年金などもある程度はもらえるだろう。
という立場だが、婚活市場では学歴が低く、不利であったが、今、40を超えた自分に、婚活の営業のオバサンが血走った目で、必死に会員を継続するように、言ってくる。

しかし、俺の立場からすれば、既に手遅れ。

俺の目的は結婚ではない。
ブログのタイトルのように、恋愛である。
だから、結婚を目的としている活動ははっきり言って積極的になれない。
しかも、どう見ても、狙いは俺では無く、俺の給与や積み上げてきた、年金や退職金である。

つまり、俺はどうでもいいわけで、ほしいのは安定した生活を提供する金ずるになる男性である。

だから、俺はそういうのは嫌なので、そういう意図の臭いがする女性は、すべてお断りをしている。

料理の写真・・・手作り菓子の写真、明らかに専業主婦狙い。

しかも、年齢を考えれば、既に、子供を作るのは身体的に厳しい年齢。
不妊治療となれば、取れるか取れないかわからない極悪プライズマシンに500円玉を次々つぎ込むような事態の数十倍はひどい経済ダメージとなる。
しかも、フェミニストが勝ち取った女性の社会的立場の向上により、女性が会社で様々なハンデ(子育てなど)を持ちながらも働く環境を整えるために、会社は動いてくれるだろうし、子供ができれば、少子高齢化対策に社会貢献をするため、子供の扶養手当(子育て支援手当)を出す方向に変わり、その代償として、単なる配偶者の扶養手当は廃止される動きとなっている。
つまり、働ける身体状態の人は、男女か変わらず働けが今の世の中、専業主婦と言う選択は、夫婦の自由な選択なんだから、扶養手当を出すのは、おかしいという理屈になってきているのが今の世の中。

つまり、結婚を目的とした「婚活市場」では、40歳以上の非正規や無職の女性は、価値0どころか、マイナスである。

万が一、離婚でもなれば、無いようなDVとかの話を出されて、慰謝料や財産分与で退職金や年金が狙われる。

モテなくて、40歳になってしまっても、婚活をしている男性諸君。
子供を授かるのが厳しい年齢になったら、金をかけて結婚相手を探すメリットは皆無である。
諦めて、適当に遊んでいた方が、絶対に得だと思うぞ!

でも、業者さんは一人ぼっちの不安を仰ぐ、営業をしてくるけどね。
でも、やっぱり、メリットがない。

婚活市場で40歳以上の女性を紹介されて、その女性が無職や非正規社員の場合は、もう、人生、詰みである。

と思ってしまっている今日この頃。




by joao_tcm | 2018-05-10 23:05
恋愛
工業高校入学時から、続く男ばかりの生活。
でも、彼女が欲しい。でも、男女関係が上手く作れない。
男ばかりの生活で、男女関係が自然に作れなくなってしまった。
なんで、工業高校を出てしまったんだろう。
普通科出て、普通に大学行った方が、幸せだったのかも知れないなぁ。
by joao_tcm | 2005-03-31 03:01
勉強嫌いの僕は、この勉強から逃れようと、早く就職できる道を探していた。
大学は、興味が無かった、すると、先生は、工業高校をススメテ来た。
当時の学校案内では、工業高校を出れば、ほとんどの人が大手企業へ就職できるように、書いてあった。
しかし、この選択の誤りが、今に至るまで、多大な苦労と無駄な労力を使う事になったのだ。
by joao_tcm | 2005-03-29 02:30